わたしの小説新潮日記

小説新潮の感想を中心としたブログです

千早茜「しろがねの葉」(最終回)小説新潮2021年11月号

 この作品は豊臣政権末期から徳川幕府初期の頃の石見銀山に生きた一人の女の生涯を描いています。当時4、5歳だったウメが夜逃げした一家からはぐれ、山師の喜兵衛に拾われたところから物語は始まりました。

 喜兵衛はウメに山で生きていく術を教えていきます。喜兵衛に従っていくウメは夜目が利くことから手子(てご)として重宝され、次第におなごでも間歩(まぶ)で稼ぎたいと思うようになります。しかし、喜兵衛は柔らかく、弱く、何も知らない顔をしているのが女の生きる術だと諭しますが、子供のウメにそのことは伝わりません。

 ウメは間歩で初潮を迎えます。それ以降、ウメは間歩に入ることはできなくなり、女として生きることの意味や現実に直面しながら成長していきます。

 あるときウメは2人の男に犯されます。十分成熟していなかったウメは子を孕みますが流産してしまいます。

 時代は徳川の世になり、大久保長安が石見に赴任してきます。大久保はこれまでの銀山開発とは違う大規模な開発をするようになります。このやり方に反発した喜兵衛は石見を去っていきます。

 喜兵衛への思慕を抱きながらも、残されたウメは幼なじみの隼人と所帯を持ちます。かつて喜兵衛が男は女がいないと生きていけないものだと語っていたことを思い出しますが、女も男がいないと生きていけないと割り切ったのです。その隼人もウメと3人の子を残し他の堀子(ほりこ)同様、若くして吐血して死んでしまいます。その後、竜(りゅう)と再婚し2人の子を産みますが、その竜も銀の毒で亡くなります。

 ウメは夜目が利くことから男であれば腕の良い堀子になれたはずです。また、「蛇の寝御座」という銀を吸った羊歯(しだ)を見つけられる天性の感覚とともに喜兵衛に鉱脈の見つけ方を伝授されていたので優秀な山師にもなれたはずです。しかし、時代が変わり、開発の仕方も変わりました。

 最後は子供の頃、喜兵衛と暮らした仙ノ山の小屋で一人静かに銀山の行く末を思いながら余生を送るところで物語を終えます。

 子を産み、夫が死ねば次の夫の子を産み育てることが銀山で生きる女の定めであり、そこからは逃れられない現実を描いています。自分の置かれた状況を受け止め、生涯思慕の念を持ち続けた男がいても、その時々の夫を愛し生きたウメです。

 人は才能があっても誰もがその才能を開花できるわけではありません。置かれた状況のなかで「しなやかに」あるいは「割り切る」生き方も自己実現の一つであることを提示しているのかもしれません。