わたしの小説新潮日記

小説新潮の感想を中心としたブログです

窪美澄「夏日狂想」(第6回)小説新潮2021年4月号

 この作品は中原中也小林秀雄との三角関係で有名な女優の長谷川泰子(1904年生れ-1993年没)をモデルにした作品です。中原が水本、小林が片岡、長谷川が礼子の名前で登場しています。

 題名はご存知のとおり中原中也の「春日狂想」をもじったものです。

 これまでのあらすじを本誌から引用すると「礼子は女優になりたくて広島から出奔した。それを助けてくれた川島を捨て、詩人を目指す中学生、水本と暮らし始める。しかし片岡の出現によって、水本との間にはすきま風が。一方、女優としての道も険しく・・・。」これまでの回はほぼ史実に沿った展開のように思います。

 今月号では、片岡との同棲も解消し、女優としての見通しも持てない中、妊娠が発覚します。礼子を諦めきれない水本は誰の子どもでも構わない、自分の子どもとして育てるといって、子どもを滋雄(しげお)と名付けます。文学論を吹っかけては喧嘩ばかりしていた水本が甲斐甲斐しく礼子の世話をしている様は胸が熱くなります。

 「夕日だけ冬の日が差す産院の一室で滋雄を抱く水本が光に包まれていた」頼れる人が水本しかいない心情が凝縮された名場面ですね。

 ただ、その滋雄はわずか3日で亡くなってしまいます。新しい女を自認していた礼子でしたが、ひとりになった部屋で吐くように泣きました。生きていくためには日銭を稼がなければなりません。礼子は酒場の女に戻ります。

 ある時、無為に過ごしている礼子の元に文芸誌の女性編集者が現れます。かねて水本が礼子の文章を勝手に同人誌に載せていたものが編集発行人の目に留まったのです。

 今月号は展望のみえない礼子の転機になりそうな神回(かみかい)のような気がします。この辺からは史実から自由になるのでしょうか。

 また、時々に挿入される中原中也の一文が鮮烈で時に息をのむほどに美しく、作品に緊張感を与えているのがいいですね。今月号で一番印象に残った作品でした。