わたしの小説新潮日記

小説新潮の感想を中心としたブログです

畠中恵「あましょう しゃばけ」(シリーズ最終話)小説新潮2011年6月号

 このシリーズには多くのファンがいるのだろうと思いますが私は苦手です。主人公・長崎屋の若だんな一太郎が病弱な設定も、妖怪が取り巻いているのも別に構わないのですが、鳴家(やなり)という小さな妖怪が時に騒々しく出すぎなのです。最終話では登場人物も妖怪も登場頻度はバランスがよく、節度があって好感度は上がりましたが、全体をとおしてみると悪ふざけの方が印象に残ってしまい、終始、好きになれない作品でした。