わたしの小説新潮日記

小説新潮の感想を中心としたブログです

小説新潮2011年1月号特集「800字の宇宙」について

 創刊800号を一読者としてお祝い申し上げます。

 さて、2011年1月号は創刊800号記念号でした。特集は「800字の宇宙」と題して88人の作家が寄稿しています。800字でもきちんと小説スタイルで仕上げてくる人もいれば、明らかに駄文や手抜きの人もいました。「8」にこだわるあまり駄文も載せたとしたら本末転倒です。同人誌ではありませんので、駄文は載せないぐらいの編集方針を堅持してほしいものです。

 また、今月号の「800字の宇宙」に60ページを割いているのは疑問です。読者が小説雑誌に期待しているのは(当たり前ですが)小説です。毎号、それぞれのテーマで特集がありますが、基本的に小説以外の特集記事は小説雑誌では余禄ですので、そのことを踏まえた雑誌づくりを今後とも期待しています。