わたしの小説新潮日記

小説新潮の感想を中心としたブログです

73 村木美涼

村木美涼「影が消えるまで」小説新潮2020年2月号

共働きの中年夫婦が穏やかに休日を過ごしているところに、「『分離後消滅前期間に於ける投影体暫時集合施設』に関するお願い」という文書が役所から送られてきます。この奇怪な標題の文書を妻が読み上げるところから物語は始まります。 人体が作る影は一定期…