わたしの小説新潮日記

小説新潮の感想を中心としたブログです

61 原田マハ

原田マハ「暗幕のゲルニカ」(第6回)小説新潮2013年12月号

今月号では、ついにゲルニカが完成しました。作者は、ゲルニカ制作の過程をピカソの恋人ドラが丹念に撮影し続ける中で、ファインダーをとおしてドラの感性で描写しています。一見普通に読み過ごしてしまいそうですが、この小説手法はかなり高度な手法だと思…

原田マハ「暗幕のゲルニカ」(新連載)小説新潮2013年7月号

今回の題材はピカソのゲルニカです。本誌に2010年9月から2011年6月に連載された「夢をみた」はその後、「楽園のカンヴァス」として単行本化され、第25回(2012年)山本周五郎賞を受賞しました。その時の題材はアンリ・ルソーの「夢」でした…

原田マハ「楽園のカンヴァス」第25回(2012年)山本周五郎賞受賞!

原田マハさん受賞おめでとうございます。「楽園のカンヴァス」は本誌に連載されていたときは「夢をみた」という題名でした。題名が変更になっていることと、単行本化するまでに時間がかかっていますので、本文は多少のリライトがあったのかもしれません。 私…

原田マハ「夢をみた」(最終回)小説新潮2011年6月号

この作品は2010年9月号から始ました。私はこの連載が始まった時からすっかり虜(とりこ)になってしまいました。キュレーター(学芸員)という職業や美術に関するテーマだったことが私には新鮮でした。このブログでも何回かその興奮を記述してきたとこ…

原田マハ「夢をみた」(第9回)小説新潮2011年5月号

A群 1位 「夢をみた」 原田マハ 2位 「空蝉風土記 京都・はかぼんさん」 さだまさし(新シリーズ) 3位 「虚空の冠」 楡周平(最終回) 4位 「鋼のアリス」 池井戸潤 5位 「転迷 隠蔽捜査4」 今野敏(最終回) 6位 「冬芽の人」 大沢在昌 7位 「神…

原田マハ「夢をみた」(第4回)小説新潮2010年12月号

この作品は2010年9月号からスタートした連載小説です。主人公の早川織絵はキュレーターという美術館の学芸員です。第1話は大原美術館(倉敷市)で監視員をしている織絵の2000年現在の描写からはじまります。2000年現在の織絵は43歳です。 織…