わたしの小説新潮日記

小説新潮の感想を中心としたブログです

43 辻井南青紀

辻井南青紀「消えた花嫁 結婚奉行手控え帖」小説新潮2012年7月号

2012年7月号は710ページありました。私が本誌を2年半前に約30年ぶりに再読するようになってから最もページ数の多い号となりました。編集者の気合いが感じられ大いに結構です。 そこで、今回は特集作品を含めて全作品をあえて好み順にランキングし…