わたしの小説新潮日記

小説新潮の感想を中心としたブログです

41 高橋克彦

高橋克彦「約束」小説新潮2013年2月号

今月号で一番好いと感じた作品は、「約束」(高橋克彦)です。作品としてはかなりの短編ですが、程よくストーリーが凝縮されており好作品だったと思います。 作品は、ヌード写真で名を馳せた写真家の「私」が、ある時、美術番組の収録で川上という若手小説家…

高橋克彦「モノクローム」小説新潮2012年8月号

主人公の「私」はモノクロ写真の魅力にとりつかれた小説家です。ある時、「私」が注目している版画家の竹宮康平がモノクロ写真の個展を開くことを知り個展に訪れます。あいにく竹宮は個展会場にはいませんでしたが、来訪を知った竹宮から会いたいと連絡があ…