わたしの小説新潮日記

小説新潮の感想を中心としたブログです

21 角田光代

角田光代「どこかべつのところで」小説新潮2013年1月号

今月号で印象に残った特集作品について、何回かに分けて感想を書きます。 優れた短編小説は短さを感じさせないものだと思っています。この作品は、まさにその見本のような作品でした。 物語は一言で言ってしまえば、「飼い猫に逃げられた女性の物語」です。…