わたしの小説新潮日記

小説新潮の感想を中心としたブログです

21 梶尾真治

梶尾真治「ハナと暮らす」小説新潮2019年12月号

2017年から12月号はファンタジー小説の特集です。年1回特集月が固定されていると、そのジャンルにおける1年の小説の動向がおおよそ俯瞰できるので悪くない編集方針だと思います。 さて、本作は今月号の全作品の中でいちばん心に残った作品です。 豊…

梶尾真治「奈津美と重力波」小説新潮2012年11月号

この作品が今月号の特集作品の中で最もSF的な興奮を掻き立てる作品でした。主人公は営業職の安本卓志。30歳前の独身です。物語は付き合いで参加した合コンで偶然、城石奈津美と知り合うところからスタートします。二人は、合コンの後にそれぞれが帰宅し…