わたしの小説新潮日記

小説新潮の感想を中心としたブログです

12 石野晶

石野晶「スノーボール」小説新潮2012年9月号

2012年9月号はファンタジー小説の特集でした。私はファンタジー小説というものが今一つよくわかりません。夢見る乙女の清らかな夢想から奇怪で恐ろしい幻想まで範囲が広いですね。 色でいえばピンクから紫や黒の世界までという感覚です。時間や空間を平…

石野晶「スミス氏の箱庭」小説新潮2010年11月号

今月号の特集で一番心が震えた作品です。涙腺が完全に決壊してしまいました。題名からは内容は全く想像できませんでしたが私の好きな学園物でした。 今回は涙腺が決壊してしまった理由を自己分析してみます。 1つは、ペットを飼ったこともない主人公の松下…