わたしの小説新潮日記

小説新潮の感想を中心としたブログです

12 伊吹有喜

伊吹有喜「カンパニー」(最終回)小説新潮2016年7月号

この作品は2015年4月号から連載され、いよいよ今月号で最終回となりました。これまでに2回感想を書いていますが、最終回もやはり取り上げます。 物語は、リストラ要員となった43歳の青柳誠一が縁もゆかりもないバレエ団に出向するところから始まりま…

伊吹有喜「カンパニー」(第7回)小説新潮2015年11月号

今月号(2015年11月号)で心に触れた作品の2作目は「カンパニー」(伊吹有喜)です。この作品は2015年4月号から始まっていて、初回のときに感想と期待を書いていますが、再度触れてみたいと思います。 主人公の青柳誠一は有明製薬のリストラ要員…

伊吹有喜「カンパニー」(新連載)小説新潮2015年4月号

今月号は新連載が3作ありました。そのうちの2作目がこの作品です。典型的なサラリーマン小説です。 物語の主人公は、青柳誠一(あおやぎせいいち)。43歳。大卒。同郷の先輩(脇坂栄一)を頼りに有明製薬に入社して20年目の正社員。同期入社の妻・悦子…