わたしの小説新潮日記

小説新潮の感想を中心としたブログです

11 荒山徹

荒山徹「蓋島伝 長宗我部元親秘録」(第14回)小説新潮2011年6月号

この作品については以前にも書きましたが、最初の数回は好印象でしたが、その後は相変わらず好きになれない作品です。戦国時代の四国の歴史事情を詳しく記述していたかと思えば、フロイスらイエスズ会とその配下の金髪美女忍者3人衆の暗闘、露骨な性描写な…

荒山徹「蓋島伝 長宗我部元親秘録」(第4回)小説新潮2010年8月号

本作品は小説新潮2010年5月号から連載されています。物語は、元親が外敵に暗殺された父国親の後を継ぎ長宗我部家の長となって、今後の連載では、たぶん四国全土を平定するまでの過程を描くのだろうと思われます。 ただし、作風は怪奇アクション時代劇と…