わたしの小説新潮日記

小説新潮の感想を中心としたブログです

11 有川浩

有川浩「クリスマスに家に帰る」 説新潮2014年12月号

不覚にもこの短編を2度読んで2度とも涙腺が決壊してしまいました。 この作品は全体が4つのブロックで構成されています。最初のブロックは、紀ノ川堂書店東京八重洲口支店文芸書担当の井脇始(いわきはじめ)が、児童書担当新人のハヤシくんにクリスマス商…