わたしの小説新潮日記

小説新潮の感想を中心としたブログです

11 彩瀬まる

彩瀬まる「サーカスの日」(第5回)小説新潮2019年5月号

この作品は、ファンタジーのような書き出しで始まりましたが、その後はリアルな展開です。姉の片桐依千佳(いちか)と妹の仁胡瑠(にこる)が主人公の不思議な作品です。題名になっているくらいですから、幼い頃にサーカスに行った日のことが重要なモチーフ…