わたしの小説新潮日記

小説新潮の感想を中心としたブログです

2014-04-09から1日間の記事一覧

早見和真「イノセント・デイズ」(最終回)小説新潮2014年4月号

この作品は、主人公・田中幸乃が死刑執行の当日の朝を迎えた場面から始まりました。その後、物語は、幸乃の母親が10代で幸乃を産む決意をするところまで遡り、そこから、幸乃の成育歴を追って展開され、最終回で死刑執行の場面に戻り物語を終えています。 …