わたしの小説新潮日記

小説新潮の感想を中心としたブログです

2010-08-15から1日間の記事一覧

西條奈加「千両役者」小説新潮2010年8月号

「千両役者」は2010年2月号の「蛤鍋の客」からの実質的な読切連載で、今月号で3連作目にあたります。 主人公のお末は信州の片田舎から奉公に出てきた14歳の設定です。第1作目ではだまされて連れ込み宿「鱗や」に奉公することになってしまったところ…

安住洋子「春の雨-小石川診療余話第1話-」小説新潮2010年8月号

今月号の特集は時代小説でした。特集のテーマは「時代小説夕涼み」。前回、2010年2月号は「時代小説人生行路」でした。「人生行路」は編集者の意図がよくわかりませんでしたが、今月号の「夕涼み」は何となく季節感があっていいですね。 毎度、30年前…